人気ブログランキング |

宮脇先生のお話から

先生は

「まだ81歳、あと30年は木を植える。みなさんと一緒に木を植える!」           

と冒頭に話され、今の地球環境が危機的状況にあることを述べられました。              

そして、一番大事なものは何か?あなたの大切な命、自分の命を守り、                   

あなたの大事な人の命を守ること。                                 

株や紙切れの金券ではない。                                  

現代では、動物社会でもおこなわれない親が子を殺し、子供が親を殺し、              

平気で人の命を簡単に奪ってしまう。                            

戦後、日本人は心を奪われてしまった。                            

病根は、ボタン一つで相手を殺すバーチャルの世界で育つ現代文明にある。                     

セメントの中で暮らし、学校もセメントの建物、職場もセメントといった中で生きる。         

物、エネルギー、セメント、砂漠といったものに取り囲まれている現代。               

結果、森の遺伝子を持っていることを忘れてしまっている。                     

「命の危機、環境の危機、遺伝子の危機」                         

幸福とは、明日の為に出来ることをする事。                         

と、話されました。                                      

先生は、150ねんから300年はかかるといわれていたアマゾンの森を8年で再生。        

宮脇方式は、「混ぜる混ぜる」の名文句のように混植、密植 。                  

競わせて育つ、人間も同じようなグループだけかたまってはいけないとの話もありました。        

森がカーボンをとじこめる力があること。                              

何よりも私達人間は酸素なくしては生きられないこと、人間のだした二酸化炭素を吸い       

酸素をだしてくれるのは植物においては考えられず、この文明の行きつく先を思うと           

のんびりとしてはいられない・・・そういった気持ちに改めてなるのでした。



b0175524_1012384.jpg
                         
              
by shanty-shan | 2010-10-16 10:01
<< ヒロコさんから素敵なカフェがあ... 宮脇先生現る! >>