緑ヒョウ紋、ツマグロヒョウ紋

b0175524_11252860.jpg


  群生する丘虎の尾という山野草に、蜜を吸いに来た緑ヒョウ紋と                           

  ツマ黒ヒョウ紋。
b0175524_1126053.jpg



 緑ヒョウ紋という名がついたこの蝶々は、丘虎の尾という白い花の咲く花に来る                   

 蝶々だそうです。丘虎の尾・・・・ですが、その花の形が虎の尻尾のように                     


 クルンと曲がっていることからの由来の名前のようです。                                

 この夏時の花として茶花でも愛されてます。

b0175524_1126447.jpg



b0175524_11271349.jpg



b0175524_11273947.jpg
                  

b0175524_1131569.jpg
                 


N邸には、良くお客様もふらりと現れ、たまたまこの時間、植物と昆虫に造詣の深い                  

教師の方が見えていました。                                                       

その方のお話ですと、丘虎の尾の群生地が、ここ近年もうみかけなくなったそうで                   

珍しいとのことでした。それにしても、どうやってここに群生地があるって蝶々さんたちは              

気付いたのでしょうねぇ。不思議でした。
[PR]
by shanty-shan | 2013-07-07 11:29 | お出かけ
<< またまた感謝・・露天風呂編 夏の霧島N邸へ・・美味しいランチ >>