今日は、エリーザ倶楽部…7月12日

今日は月1のエリーザ倶楽部。                                                 

この同好会を引き受けたのは今から丸2年前。                                    


今年で3年目です。                                                     


霧島市の公民館講座・・つまりパッチワーク講座を2年間受講してそのあと                


続けたい人達が自主的にグル-プを作った会です。                               


何十年も講座の講師をしてきましたが、自宅にもお教室を開き、なおかつ                       

自分も福岡の教室へ通いそして東京のチャック先生のお教室にも                        


通っていたころもあり、とても同好会までは引き受けるのはためらわれたわけです。                       

それから、今時間の余裕も出来、心の余裕も出来?めでたく                                      

和やかに倶楽部という同好会で集まって、います。                                     

愉しい話、感心する話、身につまされる話、色々お聞きしたり                            


チームワークもピカ一。                                                       

今日は、驚く話を聴きました。                                                    

ミヨコサンは、70代半ば。


一生懸命毎回、針仕事に精を出されて、感心してしまう方ですが、ご主人も                     


同世代。小粋なダンディな方です。なんでも、津軽三味線の魅力にはまり                        

この鹿児島の地からわざわざ青森の師と仰ぐ方のところまで通ったりして                     


ついには・・・なんと!                                                    


ニューヨークのカーネーギーホールに出演なさったそうで!                                


  エ~ッ、ほんとですか。思わずパッチワークどころではなくなって                          


あやうく針もおっことしそうに。                                                   

なんでもその青森の津軽三味線の先生が、カーネギーホールで出演の際、                     


一門として最上段というか、一緒に演奏なさったそうで。・・・・                             


その時は、アメリカ在住だった息子さん家族、こちらからミヨコサンも同伴                        

家族でご主人の晴れ姿を応援なさったそうです。                                     


それにつけてもこのエリーザ倶楽部、人生の先輩方も多く                                 

毎回、感心する御話に、キルトやってて良かったなぁと                                   

思うのであります。


b0175524_15232085.jpg
               


 ブンリョウさんとNさんから沢山のお野菜のおすそわけ。                                    
[PR]
by shanty-shan | 2013-07-12 15:24 | パッチワーク
<< 本日の昼膳…7月13日 続、ジャズを聴きに >>