カテゴリ:台湾( 29 )

台湾回想・・夏の夕暮れ

旅から帰国して15日目。                                                    


もうそんなに経ったんだ・・・・という思い。・・・・・


つい昨日のことみたいなのにどんどん日にちが過ぎていきます。                           


あの猫空の茶房では、台北市内を見降ろして涼しい風に吹かれて                               

楽しかったなぁ。・・・・・・・                                                        

同じように下から上がってきた人達・・観光客の人達や地元の方達が                             

今日も涼しい風に吹かれつつ、来てよかったね・・・・と                                      

話してるかも知れません。                                                         

そうそう、花蓮で素晴らしい民族ダンスを見せてくれた彼らは、今日も                           

また力いっぱい観客の為に頑張って公演を続けていることでしょう。・・・                         

こうして考えるとつくづく、旅はいいなぁ・・・と                                             

思わずにいられません。                                                         

知らなかった事を知る…見たことなかった事を観る・・・・                                     

言葉が通じなくても、優しさ、誠実さに触れ・・人間は一緒だな・・と思える。・・・                        

あの花蓮の夜市で、扇風機のある席に案内してくれた彼は、今夜も                            

お父さん?の手伝いを一生懸命しているでしょうか。・・・・                                   

また再び会えるかもしれないし、会えないかもしれない人々。・・・・                              

行って良かったな。・・・台湾
b0175524_180195.jpg

[PR]
by shanty-shan | 2012-07-29 18:00 | 台湾

さよなら台湾

b0175524_10505438.jpg


b0175524_10513457.jpg


b0175524_10521453.jpg


b0175524_10525598.jpg
                  

  淡水から戻った私達は、ロイヤルビズホテルにチェックインしました。                       


  6泊したなかで3泊がこのホテル…


居心地良くお名残り惜しい気がしないでもありません。                                  


おまけに今夜はスィートルームです。                                      


なんでもこの部屋しか空きがなく、


今までの部屋とさして料金があまりかわらなかったのでオッケイということに                       

なりました。                                                             

さてさて、明日は4時半には起きて空港行きのバスに飛び乗り、                                

搭乗する1時間半くらい前には空港についていたいものです。                                

娘は東京へ、私は鹿児島でフライトは別々。                                           

出発時間もまちまちです。                                                      

朝起きしてバス乗り場まで見送ってくれた娘に有難うと、手を振り                             

一路桃園国際空港へ。                                                       

街は、まだ明けきらず朝ぼらけのなかです。                                            

愉しかった1週間。色んな思い出を乗せ飛行機は飛び立ちました。                               

旅行中出会った方々との愉しいエピソードや、親切にしていただいたエピソード                    

少しずつ後日ご紹介したいと思います。では!
         
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-27 11:04 | 台湾

淡水へ

b0175524_08417.jpg


b0175524_09412.jpg


b0175524_0123413.jpg


b0175524_014348.jpg



b0175524_015920.jpg
                     

明日14日はいよいよ帰国。                                                      

前日は、淡水にも足をのばしました。                                                 

夕陽がとても綺麗ということで有名。                                               

しかし明日の帰国便が早朝8時とあっては、そうそう遅くまでいるわけにいかず                     

ほどほどで切り上げました。                                                    

途中,ワンちゃんのウンチの始末はちゃんとしてね!との表示が。・・                            

そしてなんと持ち帰りようのビニール袋。                                             

可愛いですね。                                                            

私もシェリーへのお土産ようにこっそり頂いてきちゃったのでした。
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-25 00:06 | 台湾

再び故宮博物院へ・・7月13日

b0175524_23532051.jpg
                              

9日の日に全部を観る事が出来なかった私達は再び博物院へ。                              

今回は宝物展です。                                                         

中は照明を落とし暗いなかに贅を尽くした世紀の宝石をちりばめた                            

王冠や装飾品が展示されていて、観覧する人々は真剣な面持ち。                          


なかには、日本語も聞こえてきて、不思議ですね。                                       

どうしてすぐ日本語だとさっと耳がキャッチするのか。・・・                                  

当たり前だといえばそうなのですが。                                              

これが、いろんな国の言葉が自然に分かればまたいいでしょうねぇ。・・・
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-25 00:03 | 台湾

ホテルの朝食前に御かゆを・・7月13日

b0175524_23353385.jpg
b0175524_23362234.jpg
                  

ここは有名なご飯やさん。特に御かゆが美味しいとのことで                                 

探して出かけました。


ホテルでは、美味しい朝食もあるのですが、


このご飯やさんがさほど遠くなかったので朝起きして出発。                                 

着くと約50名くらいの人が入口階段から店の注文のところまで整然と並び                          

辛抱強く慣れた様子で順番を待っているのでした。                                       

メニューは、御かゆだけではなく色々あって豊富。                                 


満足した私達はまたホテルへ。                 
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-24 23:42 | 台湾

駅では

b0175524_2322183.jpg
                   

台湾で立ち寄った駅はどの駅も綺麗でゴミも落ちていませんでした。                          

構内では、熱湯、ぬるま湯、水と3通り供給される無料の装置があり、                        


人々は入れ換わり立ち替わり、マイボトルを持ってそれぞれの入れたいものを                     

入れているのでした。                                                       

スーパーには、携帯の為?の粉のお茶も販売されていましたから、ポットの                        

中には、もしかしてお茶飲むため通りがかったところでお湯を注ぐ人もいたのかも                      

しれません。                                                             

とても合理的で日本も自動販売機のほかに、こうした供給器があればいいな・・と                       

思ったのでした。
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-24 23:32 | 台湾

続、台湾紀行…七星ビーチ

b0175524_22215556.jpg


b0175524_22232385.jpg


b0175524_2232297.jpg


b0175524_22344585.jpg


b0175524_22354962.jpg


b0175524_2238147.jpg
                  

タロコバスツァーの最後のお楽しみは海岸でした。                                   


波で洗われたまん丸の小石が見事でした。                                           

波打ち際の水面は透き通って中の小石も見えるほどです。                                  

この海から日本はさほど遠くありません。                                           

特に私の住む九州、鹿児島は近くこの波は、 もしかして                                   

緩やかにたどり着き砂浜に押し寄せているかもしれません。                                

さて、帰りは滑り込みセーフ台北に帰る電車に間に合いました。                             

さよなら、花蓮、想いでを沢山もらって台北へ向かいます。         
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-24 22:36 | 台湾

一期一会

途中、可愛らしいおばあさんが、機織りをしているところの近くに                            

バスが休憩の為に停まりました。                       

いくら山のなかとはいえ、そこは真夏相当暑いのではと思われましたが、                       

そのおばあさんは優しいお顔でニコニコ機織りをやってらっしゃいました。                         

私は、すぐ、キルトのお教室の人達にこの方の織られたものをお土産にしようと決めました。                

一期一会・・・このおばあさんにお会いできるのはもうないかもしれません。                      

でも、この風景とこの物腰優しいおばあさんのお顔は、

ずーっと後まで忘れないだろうなーとこの時思ったのでした。
b0175524_16215763.jpg
b0175524_1622417.jpg
b0175524_1622409.jpg

[PR]
by shanty-shan | 2012-07-20 16:22 | 台湾

和気合いあいバスツァー                 

同じアジアの人達とバスに乗っていると一瞬どこの国の人か見分けがつきません。                   

会話を聴けば分かりますが、無口な人もいます。                                       

しかし、どの人も日本人でしょ・・・と思えばそういう感じ。                                


でも、シンガポールの人だったり、台湾の人だったりします。                                  

思うことはやはりアジアの人達って昔は兄弟だったでしょう・・・・と                           


いう感じ。                                              



ところがどんなに居心地よくても、オーストラリアやヨーロッパ行っても、ハワイ行っても                       

そういうふうに感じられません。                                          


宗教もお料理も色んな国から影響を受けてきた・・・ということを                              

なぜかしっくりわかる・…今回の旅です。
b0175524_16112373.jpg
                
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-20 16:11 | 台湾

続。台湾観光巴士{タロコナショナルパークワンデーツァー}

b0175524_1458482.jpg


b0175524_150766.jpg


b0175524_151553.jpg
                     

7月11日水曜日朝8時頃ホテル前に、色々な国のお客さんを乗せて                          

バスが到着しました。                                               


太魯閣国家公園一日ツァーに申し込んだ私達はバスの中へ。                       


市街地を離れ、バスはグングン山のなかへ。                                      


最初は、緑麗しい太魯閣国立公園。                                                     

バスは一つ停まるごとに約15分から20分の休憩があり、その間観光客は                       

公園内の丸太で組まれた登山道など登り、あたりの風景をながめたりして                


またバスに乗り込みます。                                                      

最初の公園からバスはひたすら山を登り、時にはヒヤッとするくらいの                          

狭い険しい道を進んでいきます。                                                   

時にはガードレールもない・・下をのぞけば渓谷で砂利がさらさらと下へ落ちるような                       

道を進んでいったりします。                                                     

一瞬頭をよぎったのは、テレビで見た南米のデスロード。                                   

何かあったらそれっきり・・・?                                                  

しかし、そこはさすが腕の立つ運転手さん。ガイドも兼ねています。                             

しょっちゅう中国語でガイド中ですが、さっぱりわからないのが残念。                                

写真は、深い深い渓谷の両岸に、この地方の産物の大理石が見えているところです。                   

シンガポール、中国、韓国のお客さんは勿論、地元台湾からのお客さんを乗せて                  

ヘルメット着用で、バスは停まりました。                                              

おりれば、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア?からでしょうか?                           


断崖絶壁の川底をおっかなびっくり覗きこんでいます。                                   

いつ落石があるかもしれないということで、ヘルメット着用。                                 

普段、日本ではそういうところにわざわざ行ったりしないのに旅にでれば                        

ほんとに楽しさが先にたち、皆で渡れば怖くない・・・・状態です。                              

さてさて台湾の自然のスケールの大きさを知ったところでバスはまた進みます。
[PR]
by shanty-shan | 2012-07-20 15:04 | 台湾