カテゴリ:茶花風景( 15 )

名残の茶花を活けて・・10月4日

b0175524_21372332.jpg



b0175524_21432685.jpg



b0175524_21433689.jpg


今日、午前はキルト講座。                                                     

新しいプログラムに入りました。パンドラの箱。。。。。                                                           

今回はタペストリーになります。                                                


さて、午後からは、茶花の会に参加しました。                                        

前日は講座の支度でほぼ睡眠時間4時間あまり。                                  


ちょっと体力が持つかな・・と少々とまどいつつもなんとかなり                                   

無事一日が暮れようとしています。                                              

最近、カメラのガタがきていますが、こちらの腕もますます冴えず、視力もピントが                    

あわないのか、ピンボケ多数。                                                     

お見苦しい点、ご容赦ください。・・・
b0175524_21524175.jpg

[PR]
by shanty-shan | 2013-10-04 21:34 | 茶花風景

河原撫子の花

b0175524_1015964.jpg



                 

秋支度の為、園芸店へ。                                                    


カサブランカの球根や、冬咲きのカサブランカ、


こちらの河原撫子に似たこの愛らしい花・・・を求めて来ましたが、すでに一枝                     

折れてしまっていました。                                               


大切にして花入れに挿しました。                                                 

優しげな風情に心が癒されます。
b0175524_10223992.jpg

[PR]
by shanty-shan | 2013-09-28 10:21 | 茶花風景

長月の花…9月7日

b0175524_941920.jpg


  彼岸にちなみ、数珠玉をあしらってみました。


  淡い桜色の小菊と。
b0175524_951440.jpg


  青磁の壺にムクゲの花

b0175524_9513.jpg


 金水引きとムクゲ

b0175524_955396.jpg



b0175524_953459.jpg


矢筈芒とムクゲ

b0175524_963272.jpg
                   


第一金曜日午前中は、月1の公民館キルト講座。                                           

そのあとお昼を軽くすませ、午後1時半からは3ヵ月ぶりの茶花の会。                            


9月に入りどことなく秋を感じさせる風も吹き始めたこの頃、                            


暑かった夏を忘れさせるように、可憐な草花がそこにはありました。                       


9月は、長月と言って・・・・・                                                    


九の数は陽の極で、それが九月九日と重なるので重九・・・ちょうきゅうといい、                     

長久に通じるため目出度い極とされ、古来平安時代より


種々の儀式や行事が催されました。                                                 

と、手持ちの茶花の本にあります。                                               


重陽、彼岸、阿古屋、野分け、観月、などなどいにしえの人々は風流にその都度、                 


野にある草花を活け、愛でてきたのでしょう。                                           

さて、時は今2013年・・・なかなかゆっくりと四季の行事を楽しむことは                         

そうそうできませんが、せめてささやかに茶趣の花など部屋に活けて                           


ひと時静かな時間を楽しみました。
[PR]
by shanty-shan | 2013-09-07 09:06 | 茶花風景

水無月の花・・・茶花四方山話・・6月11日

b0175524_14334256.jpg

夏はぜ、符入りすすき、シモツケの花、、紫露草、丘トラの尾

b0175524_1574470.jpg


b0175524_15856.jpg


b0175524_1585283.jpg
                     

庭先の紫陽花なども摘んで、先日の茶花の会で持ち帰った夏はぜなど                             

生けて見ました。                                                         


七月になるとあるところで、河原撫子が群生している場所があるそうで                         

感激です。今から楽しみです。


今、欲しいのは大ぶりの籠の花入れ。                                          


それと、年代ものの竹の花入れ…・艶や味がでて素敵なのです。
[PR]
by shanty-shan | 2013-06-11 14:33 | 茶花風景

杜若を

b0175524_20213044.jpg
                


今回までお邪魔していた茶花の会で、生けたのはカキツバタ。                             


五月は、端午の節句にちなみ、菖蒲が一般的ですが、そちらは                            


先週お稽古。今回は、カキツバタ。                                               

菖蒲より低めに優しい感じで生けると良いようです。                                      
[PR]
by shanty-shan | 2013-05-10 20:24 | 茶花風景

一人お花の時間

b0175524_19501355.jpg




b0175524_19504268.jpg



  山藤とシャガの花
b0175524_1951613.jpg



 木イチゴの枝と翁草
b0175524_19514820.jpg


b0175524_19521771.jpg


b0175524_1953391.jpg
                


  可愛いスイトピーは、茶花としては登場しませんが、                                   

  茶趣の花としてちょっとゲストで、今日は!

なかなか、ゆっくりとお花を活ける時間を見つけられず一番美しかった時期を                  


逸してしまいましたが、どうにかお稽古方々向かいあいました。
[PR]
by shanty-shan | 2013-04-11 19:55 | 茶花風景

夕暮れに雪見芥子を活けて・・・4月11日

b0175524_19361946.jpg
                 

  なにかと取りとめなく過ぎた今日、夕暮れに台所に立つと,                             


  可憐な雪見芥子の花。いただいて水きりしたあと残ったこの小さな丈の                     


  お花を無造作に挿していました。                                              

  夕ぐれに突然、清らかな空気を一瞬感じ、何故だか幸せな気分に。                        


  遅かったけどごめんね。雪見芥子さん。                                          

  ちゃんと生けさしてくださいね。ありがとう。
[PR]
by shanty-shan | 2013-04-11 19:42 | 茶花風景

野にあるように…3月24日

b0175524_11592024.jpg



木イチゴの枝と野いちごの白い花

b0175524_11593613.jpg
                  

N邸からのお土産の椿と、木イチゴの枝。・・・                                           

茶花の歳時記による花器の選び方では、今の季節に籠の花入れは                          

未だ時期がはやいのですが、只今おさらい中。                                     


出来るだけお花を入れる時間を作り、お花の可憐さや風情が引き出せるよう                     

研究中。                                                
[PR]
by shanty-shan | 2013-03-24 12:02 | 茶花風景

茶花つれづれ・・

b0175524_10513586.jpg


   青磁に蕾の椿が一輪・・・真・・という生け方です。

b0175524_1135861.jpg



しでコブシ・・・ピンクの淡い花がついています。                                     


そして木イチゴの白い花。
b0175524_10523178.jpg

  
                                           


  淡いピンクの花は、踊り子草という名の花です。

b0175524_10532078.jpg


   
b0175524_1054260.jpg

   
 白い花は、利休梅という花です。
b0175524_10553414.jpg



b0175524_1195550.jpg


木に咲く花や、野の花、山に芽吹く木などを見つけては、手元の花入れに入れて                    

います。その置かれた空間で、人間が手出しできない不思議な力で、花々や草木が,                     

瑞々しく輝きだすような瞬間があり、目がはなせません。
[PR]
by shanty-shan | 2013-03-17 10:56 | 茶花風景

続、茶花風景

b0175524_22372491.jpg


b0175524_22375831.jpg


b0175524_22381981.jpg


b0175524_22385161.jpg


b0175524_22391680.jpg


卜半も、桃色の侘びすけも、八つ手花笠{クリスマスローズ} も自宅の庭で咲いたもの・・・・。             

 一緒に活けてあるというか、あしらったものは、木イチゴの枝や、白山木、などで                  

山野辺の道から頂いたもの・・というわけで、お茶花、あるいは茶趣の花というのは                  

気がつけば、自然の草花や花木から喜びをもらっている世界なのだと思わされます。・・・・、
[PR]
by shanty-shan | 2013-03-13 22:40 | 茶花風景